地域で笑顔がみえるまち~笑顔でつながるここからKit~

地域で子どもの笑顔がみえるまち 子育てで息詰まったり疲れたときに 「ほっと」できる空間

多胎家庭を地域でサポート!~子育て支援者研修会~に参加して

昨日は、熊取のNPO法人ホームビジット・とんとんさんにお誘いをいただいて

研修会に参加させていただきました。

f:id:coco-color-kit:20160211231601j:plain

 

今後、ここからKitでも、ホームスター事業に取り組んで行きたいと

現在、準備中です。その勉強のためにと、お話をお聞きしました。

講師は、ひょうご多胎ネット代表の天羽(てんば)千恵子さんと

NPO法人かもママ理事長、河原ひろこさんです。

多胎児さんっていうと難しいですが、ふたごちゃん、みつごちゃんのことです。

1人でも大変なのに、二人ともなると大変だということは、わかっていましたが、

具体的にどうなのかは・・・正直、わかっていませんでした。

多胎育児の現状として、情報不足があげられます。

多胎育児の経験者が周囲にいないため、体験談を聞けない、イメージがもてなく、

多胎に特化した妊婦指導がないため、妊娠・出産の正確な知識を直接得にくいですし、家族や周囲の理解が得られないようです。

そのため、インターネットなどの一方的な情報による不安や混乱があります。

そして現状2として、孤立があげられていました。

どうしても高度出産期医療施設でのケアのため、自宅から離れた地域での出産になったり、管理入院等の長期入院で体力、筋力の低下が起こります。

そんなしんどい状況で、一度に二人以上の乳児の世話をしなければいけないというのは、本当に大変です。外出は困難で助けを求める暇がないのが現実です。

そのほか本当にいろんな面で身体も心も疲れ果てているママさんたちがいます。

多胎育児家庭の場合、育児困難の連続・重なりによる虐待が多いといいます。

そんな時私たち(支援者)に出来ることとして、困難感に寄り添うことで、大変な時期を少し支えることで、声をかけ、地域につなげることで、防ぐことができる虐待もあります。そんなサポート(応援)をホームスタートで関わっていきたいと思います。

「多胎家庭にやさしい社会は、すべての人に優しい」

ふたご育児を乗り切ったママ、多くの支援を体験してきたママは、

自分に余裕ができた時、次は、自分が周囲の人に何ができるのか考え、

この育児体験を活かしたいと行動するママも多く、子育て支援の担い手として、

次第に自らで成長し、地域の力になるママもいます。(現に、講師の天羽さんも

ふたご育児を経験してきたママさんでした。)

支援者として、そんなママたちへの情報提供など伝えていくことも大事なんだと、

妊娠期からしんどいので、母子手帳を受け取る際に情報提供ができればいいな~なんて思いながら聞いていました。

地域のおせっかいなおばちゃんとして関わることの大切さを実感した研修でした。

www.homestartjapan.org

についても、これから少しずつお伝えしていきますね。

 

Kitスタッフ:おはな